忍者ブログ
住宅ローンの繰り上げ返済とは、毎月の決まった返済額よりも多く返済して、住宅ローン残高を減らしてしまうことです。 そうすることによって、返済期間を短くすることもできますし、または期間を変えずに毎月の決まった額を減らすこともできます。
[3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<スポンサードリンク>



住宅ローンの借り換えでは残高は少ないと、有利になるとは限りません。
残高が多く有れば、軽減額も多くなります。
次に、ローンの残りの返済期間ですが、期間が短いと、借り換えをするメリットはありません。
かえって諸経費でマイナスになってしまう恐れがあります。
10年以上あれば、住宅ローンの借り換えでメリットはあると言われています。
次は金利ですが、既存のローンの金利と、新規のローンの金利を比べてみましょう。
住宅ローンの借り換えで金利の差が0.5%程度では、あまり軽減される金額に大きなメリットはないでしょう。
やはり、1%、もしくは2%の差があれば住宅ローンの借り換えで、大きなメリットが出るということです。

住宅ローンの繰り上げ返済とは、毎月の決まった返済額よりも多く返済して、住宅ローン残高を減らしてしまうことです。
そうすることによって、返済期間を短くすることもできますし、または期間を変えずに毎月の決まった額を減らすこともできます。

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
住宅ローンマスター
性別:
非公開
自己紹介:
10年以上あれば、住宅ローンの借り換えでメリットはあると言われています。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ